一般的な環境設定

固定RIPサーバー
screen-shot-2018-03-19-at-12-56-04

この機能により、ユーザーはジョブを送信できるRIPを選択することができます。 このオプションは、ユーザーが誤って間違ったRIPにジョブを送信することを防ぎます。

は、例えば別の場所やVPN経由でアクセスするなど、ローカルネットワークの外部にあるRIPにアクセスするために使用します。

このオプションは、次のようにエディターアプリケーションからアクセスできます。エディタを開く

プリントファクトリー

Editorを開き、メニューからEdit> Preferences> General on Windows


PrintFactory
Editor> Preferences> MacOS X の General。

screen-shot-2018-03-19-at-12-56-49

固定RIPサーバー

ここでは、Quick Productionダイアログで使用可能なRIPコンピュータのIPを入力できます。 IPは”; “文字で区切られます。

なお、変更を反映させるためには、Editorを再起動する必要があります。

Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事