1. ホーム
  2. ナレッジベース
  3. RIP
  4. ワークフロープロパティ

ワークフロープロパティ

PrintFactory Queueのワークフロープロパティを設定する場合

以下のように進めてください。
  1. 選択したPrintFactory Queueをダブルクリックします。
  2. 正しいキュータイプが選択されていることを確認します。
  3. ワークフロー]タブをクリックします。
  4. PrintFactory Queueのワークフロープロパティを設定します。
    • 入力
    • ジョブ名認識(1ビットプルーフキューのみ)
    • 輸出

入力

1. キュー名]ボックスに、キューのユニークで説明的な名前を入力します。
デフォルトでは、キューのタイプ + 番号、例えば “Color Proofing 1 “のようにキューに名前を付けます。 このキューの名前を、Epson7600_SemiMatteのように、プリンタのメーカーとモデル、印刷メディアを反映した名前に変更することもできます。 PrintFactoryのキューに名前を付ける場合、以下の点に注意してください。
  • 名前の最初の文字は、アルファベットでなければなりません。
  • 複合名称の要素を区切るには、スペースではなくアンダースコア文字(_)を使用します。
  • ファイル名には、お使いのオペレーティングシステムで許可されている文字のみを使用してください。 例えば、Microsoft Windowsではバックスラッシュ( \ )、Mac OSではコロン(: )を使用しないでください。

2.PrintFactoryキューをネットワークで共有する場合、[プリンターとして登録]オプションが選択されていることを確認します。

1ビットプルーフキューを設定した場合、クリックしてプリンターとして登録するチェックボックスをオフにします。 そうしないと、PrintFactoryで処理する前に、誤って1bitのTIFFファイルを印刷しようとする人がいるかもしれません。
PrintFactoryは、実際に1ビットTIFFファイルをインクジェットプリンターで合成印刷する。 各ジョブで印刷される合成印刷物は、処理キューの入力ホットフォルダーに置かれた1ビットTIFFファイル群を統合したものである。
3. 入力エリアの[参照]ボタンをクリックし、入力ホットフォルダを指定します。
PrintFactory Queueには、入力処理用のホットフォルダがあります。 このホットフォルダーに到着したファイルは、ファイル形式がサポートされていれば、自動的にキューで処理されます。
デフォルトでは、入力ホットフォルダーです。
  • キューと同じ名前を持つ
  • PrintFactory/Hot Folders/のサブフォルダです。
MacとWindows XPの場合、このフォルダはPrintFactoryのインストールフォルダに、Windows VistaとWindows 7の場合、各ユーザーのフォルダまたはパブリックフォルダに配置されます。
必要に応じて、入力ホットフォルダー名やパス(場所)を変更することができます。 PrintFactory Queueの名前には影響しません。 入力ホットフォルダ。
  • PrintFactory/Hot Folders/のサブフォルダである必要はありません。
  • PrintFactory RIP起動前にマウントされたサーバーボリュームに配置可能
Aurelonでは、ワークフローで生成された入力ファイルを処理するために、キュー固有のホットフォルダを設定することを推奨しています。
4. PrintFactoryでメインホットフォルダのサブフォルダの受信ファイルを監視しない場合は、No subfolder scanにチェックを入れてください。
ワークフロー(Screen TrueFlow など)が、メインのホットフォルダに入力ファイルを生成する過程で、一時フォルダにファイルを出力する場合、PrintFactory はサブフォルダを監視しないようにする必要があります。
5. タイムアウトボックスで、入力ホットフォルダへの個別ファイルのコピーが完了するまでのPrintFactoryが許容する秒数を指定します。
1ビットジョブの場合、PrintFactoryはタイムアウト時間を利用して、ジョブの処理に必要な各ファイルがホットフォルダに完全に書き込まれているかどうかを判断します。 キューは、条件を満たすとファイルを処理することができます。
指定したタイムアウト時間が経過している間、3秒ごとにホットフォルダー内のファイルをチェックします。 タイムアウト時間は、定期的なチェックの際に、各ファイルが以下の条件をすべて満たすために許容される合計秒数を定義します。
  • ファイルサイズが大きくなった。
  • 上書き可能なファイル(ライトプロテクトされていない)です。
  • ファイルが安定している(読める)。

PrintFactoryは、以下の場合、複数のファイルが同じジョブに属していると見なします。

  • 埋め込まれたカラー(プレート)インジケータ(C、M、Y、K)を除き、ファイル名は同一です。
  • 同じタイムアウト時間内に、ホットフォルダーにファイルが表示されます。

合成再生には、これらの条件を満たすすべてのファイルが含まれます。

ジョブ名認識(1ビットプルーフキューのみ)

ジョブ名認識エリアでは、RIPがホットフォルダーに出力する1ビットファイルを識別するための規約を定義します。

ファイル名構成:定義

ファイル名の構造は、ユーザーが定義したシーケンスであり、これを含むことができます。
  • 定数
  • 変数
  • 文字の分離
ファイル名の構成は、拡張子(”.tif “など)を含まない。 1bit ジョブに属する複数のファイルすべてについて、同じ構造になっています。
ファイルやオフセット版によって異なる埋め込みカラーインジケーターには
  • シアンまたはC
  • マゼンタまたはM
  • 黄色またはY
  • ブラックまたはK
ファイル名の構造にはカラーインジケータを含める必要があるが、他の要素を含める必要はない。 オフセット版数に対して、想定されるファイル数や色数をあらかじめ設定することができます。
PrintFactoryは、キューに設定されたマッチング条件を使用して、ファイル名構造に埋め込まれたカラーインジケータの識別を確実に行います。 カラーインジケータは、1つのジョブの各受信ファイル名の同じ位置になければなりません。 c変数の配置は、ファイル名構造の他の要素との関係で、この位置を定義する。

ジョブ名認識を設定するには

1. ファイル名の構造を入力します。
定数、区切り文字、以下の変数を任意の順序で組み合わせることができます。
バリアブル 商品説明
%c ファイルおよび対応するプレートごとに値が異なる色固有のインジケータ。
%j ジョブ名を修正しました。
%n 番号です。
%p ページ番号です。
%x* PrintFactoryが受信ファイル名を解析する際に無視する、ファイル名の中の連続した非特定文字の固定数(x)です。
有効な区切り文字は、1ビットファイルを生成するイメージセッタRIPに依存します。 PrintFactoryはこれらの文字を認識することができます。
  • スペース(” “)について
  • アンダースコア(“_”)
  • ピリオド(”.)
  • 左右の括弧(“()”)
  • 左右の中括弧(“{}”)

例えば、こんな感じです。

ファイル名の構成に合ったマッチング条件を選択します。 オプションは以下の通りです。
コンディション 商品説明
その間に 各ファイル名の中で、一覧から選択された文字の間にカラーインジケータがあることを期待します。
エクステンションとして 各ファイル名の拡張子として、カラーインジケータを期待します。
ファイル名として 各ファイル名のカラー表示を期待する。
名称の一部 リストから選択された最初と最後の文字で区切られたファイル名のセクション内のカラーインジケータを期待します。
カスタム名 ユーザー定義。
3. 認識可能なジョブで提出されたオフセット版(ファイル)の数を、版数ボックスに入力してください。
新聞印刷のように版数が一定で、特色を使用しないため常に4枚の分版が必要な場合に使用します。 ジョブのプレートとセパレーションの数が異なるキューでは、このオプションを選択しないでください。
輸出
  1. 必要に応じて、[エクスポート] 領域で [参照] ボタン ( ) をクリックし、出力ホットフォルダを指定します。
    PrintFactoryキューは、デフォルトでエクスポートフォルダを持ちません。 エクスポートフォルダを設定しないキューでは、処理されたジョブのファイルはエクスポートされません。
    複数のPrintFactory Queueで書き出しフォルダを共有できる。 Aurelonは、ワークフローの次のアプリケーションのファイルを生成するために、キュー固有のエクスポートフォルダを設定することを推奨します。つまり、PrintFactoryのエクスポートフォルダが他のアプリケーションの入力ホットフォルダとして機能する場合です。
  2. 書き出しファイル形式を選択します。オリジナル、PS、PDFのいずれかを選択します。
    1-Bit プルーフィングキューは、オリジナルのファイルフォーマットでのみエクスポートできます。
Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事