1. ホーム
  2. ナレッジベース
  3. FAQの
  4. ローカルXMLジョブサブミッション

ローカルXMLジョブサブミッション

ローカルホットフォルダーとXMLを使用して、PrintFactory RIPにジョブを投入することが可能です。

PrintFactoryは、システム全体(ローカルおよびクラウド)で一貫性のある内部XML構造を使用しています。 保存されたレイアウトテンプレートを開いてさまざまなノードを操作したり、リッピングされたファイルの作業フォルダにある settings.xml を開いて、XML がどのように構成されるべきかを確認することができます。 これを行うには、ファイルのGUIDを知る必要があります(クラウド上のジョブ詳細から取得可能)。

現在の制限事項。

  • 投稿は、Windowsのホットフォルダー/RIPでのみ有効です。 Mac版は現在開発中です。
  • クラウド経由で取得することはできますが、RIPからステータスメッセージを返してもらう方法はありません。 ローカル方式は、Submit and Forget方式です。

この投稿には、XMLの例とそれに関連する画像を示した2つのファイルが添付されています – テスト目的で使用できます。 XMLの構造に関する完全なドキュメントは、こちらをご覧ください。

Job XML Definition

XML/PDFの例

[fileaway sub=”XML_Examples”]

Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事