1. ホーム
  2. ナレッジベース
  3. Editor
  4. カラーツールマッピング – ケース3

カラーツールマッピング – ケース3

カスタムスポットをデフォルトの出力チャンネルにマップする

この例では、スポットカラーWITをプリンタのホワイトインクチャンネルにマッピングするカラーマッピングを作成したいと思います。

この例のPDFでは、WITというスポットがあります。

WITからWhiteチャンネルへのSpotマッピングを作成し保存する場合。

  1. ウィンドウ -> カラーリストへ
  2. カスタムカラーを見る
  3. 右側のドロップダウンを開き、「新規カラーマッピング」を選択し、名前を変更します。
  4. ホワイトスポットカラーを画像内のWITオブジェクトにドラッグ&ドロップし、マッピングを確認します。

出力パレットでの結果。画像のWITが100%Whiteになり、WITが存在しなくなりました。

:手動による「出力チャンネルへのスポットマッピング」は、ファイル内の既存のスポットを出力チャンネルにマッピングするための簡単なオプションです。 ただし、これらを保存することはできません。

Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事