1. ホーム
  2. ナレッジベース
  3. Editor
  4. カラーツールマッピング – ケース1

カラーツールマッピング – ケース1

CMYKカラーをライブラリスポットカラーにマッピングします。

この場合、オレンジの枠線とロゴは平坦化され、オレンジはCMYKに変換されています。 PANTONEのスポットカラーにしたい。

そのために、カラーマッピングを作成します。

  1. カラーリストパレットを開く。ウィンドウ -> カラーリスト
  2. 目的のスポットカラーが含まれるライブラリを参照する。

3.ドロップダウンメニューから「新規カラーマップ」を選択し、具体的な名前を付けて「OK」をクリックすると、カラーマップが作成されます。
注:カラーマップは保存され、再利用可能なので、認識可能な名前があると便利です。

4.スポットカラーをマッピングするには、カラーリストからスポットをドラッグして、画像内の置き換えが必要な領域に直接ドロップします。

ポップアップウィンドウが表示され、元の色と新しい色、この場合は「58% M 71% Y」をPantone 158 Cにマッピングすることが確認されます。

これでカラーマップの作成は完了です。 さらに色をドラッグ&ドロップすることで、同じカラーマッピングにさらに色を追加し続けることができます。

CMYKのオレンジをPANTONE 158 Cにマッピングした結果

今後の課題

次にこのクライアントのアートワークに出会ったとき、カラーリストのドロップダウンメニューに入り、以前に作ったカラーマッピングを選択するだけで、編集内容が自動的に適用されます。

Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事