1. ホーム
  2. ナレッジベース
  3. Calibrator
  4. カスタムVISUのバリエーション

カスタムVISUのバリエーション

この文書では、カラープロファイルのバリアントを修正するために利用できるすべてのオプションについて説明します。

  1. さらなるレンダリングインテント
  2. ブラックジェネレーション
  3. プロファイルサイズ、カラーブースト、視聴条件
  4. 蛍光増白剤補正
  5. 一次色と二次色の純化

まず、カスタムVISUバリアントを作成するために、+を選択してください。

screen-shot-2017-10-19-at-11-18-11

これにより、プロファイルに可能なすべての修正が表示されます。

screen-shot-2017-10-24-at-16-36-51

プロファイルの変更を反映させるために、「名前」を一意の名前に修正します。 例)ビジュアルマッチで彩度5%アップ。

 

1.レンダリングインテント

1.1 エコセーブ
EcoSaveはVisual Matchと同じ色変換を使いながら、Kの発生をより積極的に行っている。 以下の画像は、MXインクセーブオプションのインク節約率24%に対して、42%のインク節約を生成します。
screen-shot-2017-10-30-at-11-11-34

1.2 絶対測色
プルーフで使用します。 白色点の発生がなく、全色域の絶対測色マッピングを観測し、ベストマッチングを実現する。

1.3 飽和状態
彩度は内側で知覚的なマッピングを行い、色域外の色は色の保持率に基づいて閉じられる。 色の明るさを犠牲にし、彩度を優先します。 最適な用途はテキスタイル

1.4 分離を維持する
screen-shot-2017-10-30-at-11-24-37

これは意図したものではなく、セラミック業界などで、ある生産ラインから別のラインに移行する際に、Kはそのままで、CMYだけを変えて合わせる再調整のツールとして使われているものです。 セパレーションとK生成はそのままに、CMYを再キャリブレーションする追加プロファイルを作成します。 その他の産業用途でKeep Separationが生産工程で役立つのは、装飾紙、ガラス…

2.ブラックジェネレーション

この設定は、Kの使用量を定義します。

2.1 カーブのオプション
黒の生成では、Kを定義して、彩度に向かうにつれて他の色を混ぜていきます。
カーブ設定の下にあるドロップダウンオプションは、上部の軽いK置換から、ドロップダウンオプションリストの下部にあるより積極的なK設定に至るまで、幅広い範囲をカバーします。

  • UCG: Under Color Removalは、暗いニュートラルKになる部分のCMYをシングルKに置き換えます。
  • GCR: Grey Component Replacement – CMYのKによる置き換えで、トーンカーブに沿ってすべてグレーになるようなもの。
  • GCR2: GCRより強力なKの代替品
  • GCRマックス:最強のK交換
  • Min K:GCRの反対側 Max. Kの使用量は非常に限られている。
  • Max K:できるだけ多くのKを入れる。
  • Much K:MaxKに似ているが、トランジションがよりスムーズになっている。 最小限のKを犠牲にすることで、よりスムーズな色の遷移を可能にしています。screen-shot-2017-10-30-at-10-44-39

業界でよく使われているKスタートはGCR MaxとMuch Kで、どちらもすでに多くのKを含んでいますが、EcoSaveオプションでKの置換量をさらに増やすことができます。

2.2Kスタート
ブラックスタートは、どの時点でCMYがKに置き換わるかを示しており、Kのスタートが早いほどCMYのK置き換えが進む。

2.3 Max K
Kは最大でどの程度まで許容されるのか
例)80%に設定されている。 そして、80%から100%まではKを追加せず、CMYのみで色を濃くする。 このため、暗部にはCMYを加える余地があり、暗部の色に緑や赤の色相を持たせることができます。
通常の印刷条件では、Max Kはデフォルトの100%のままでかまいません。 カラーエンジンでは、デフォルトでKをCMYに置き換えることができるため、ダークカラーで若干のカラーバリエーションを持たせることができます。

2.4 K 幅
飽和色で K を加えることができるレベルを定義します。
例:90%に設定し、濃い赤を作る。 これにより、90%以降はKが入らなくなり、濃い赤を作るためのChromaの増加はCMYのみで行われるようになる。 90%までの曲線では、Kは増加し、その後減少するので、90%ではもうKはありません。
これは主に、完全飽和色でKの混入が許されない特定の条件下で使用される。
通常の印刷条件では、K幅はデフォルトの100%設定をお勧めします。
要件や色によっては、この設定に代わるものとして、浄化オプションがあります。

なお、K世代はすべて緩やかな遷移です。

3.プロファイルサイズ、カラーブースト、視聴条件

screen-shot-2017-10-30-at-15-25-47

3.1 プロファイルサイズ

  • 小型:短時間の計算にのみ使用し、生産には適さない。
  • 中位:測定値が完全に安定しない場合に使用する。 この方法は、中間工程を少なくし、測定上の不純物を排除することで、滑らかなカーブを得ることができます。
  • 大:印刷物やメディアに含まれる不純物を含め、あらゆる測定値を使用します。 高精度で詳細なインスタンスでのみLargeを使用することをお勧めします。デフォルトはMediumです。

3.2 Chroma および Saturation のブースト機能
Chroma および Saturation を使って、色を最大 20%までブースト(またはダルダウン)することができ ます。

  • 明るさを保ちながら発色を高めるクロマ
    例:彩度を20%に設定した場合、50%の赤は60%で出力されます。
  • また、彩度を上げると明度が若干下がり、さらに力強い色が出力されるようになります。

3.3 視聴条件
標準のD50視聴灯に加え、その他の視認条件も選択可能です。
screen-shot-2017-10-30-at-15-40-10

  • D50: 標準的な昼間の視聴条件
  • D65: 色を確認するために繊維産業で使用されています。
  • A: 標準化された電球
  • ケルビン:8000ケルビンまでの色温度を記入することができます。 例:あらかじめ設定された店舗照明の場合。
    参考:D50=5000ケルビン
    D65 = 6500ケルビン
  • Emissions:分光光度計などで測定した光のスペクトル測定値(cxf)を選択することができます。 非常に特注的な光のスペクトルに使用される。
    測定はD50の下で行っていますが、この光の条件下ですべての色とグレーが正確に見えるようにするためです。

3.蛍光増白剤補正

これは、媒体中の蛍光増白剤が多すぎることと、蛍光増白剤の測定への影響を補正するものです。 UVカットフィルター内蔵の測定器をお持ちでない場合は、SW相当となります。
注意:光沢剤をあまり使用しない場合、このオプションを選択すると、結果に悪影響を及ぼすことがあります。 例えば、すべてが黄色すぎたり、青すぎたりすることが判明した場合にのみ使用します。

4.色の浄化

C、M、Y、Kを単色で選択し、ピュリファイを実行すると、選択した色の軸だけがピュリファイされます。 例:シアンの場合、0〜100%のシアンのみ。 シアンが90%に制限されている場合(100%でも90%と同じ強度になるため)、90%までしか精製されません。 ピュリファイを100%にするためには、ピュリファイを最大にするプライマリーも選択する必要があります。

Max purifyオプションのみを選択した場合、最大設定(例:90%)のプライマリC、M、Yは浄化されて100%に移動し、残りの軸はそのまま残されます。 これもまた、徐々に変化していくものです。

上記の方法は、CMYKの代わりに赤、緑、青のピュリファイセカンダリーにも適用されます。

Updated on 5月 19, 2022

Was this article helpful?

関連記事